お問い合わせ

神奈川県大和市・東京都町田市を中心とした一戸建て・土地・マンションなど、センチュリー21リビングスタイルの不動産物件情報サイト

リビングスタイル

体験学習

LINEで送る
Pocket

町田店 大島です。

今年の夏休みの事ですが、twitterを見ているとなじみのラーメン屋さんが子供向けにラーメン体験学習を開催するとの事。

モチのロン「行く!」一択でございます

子供達には事後報告(いいのか?)として早速DMを送ると枠が余っているとの事。

 

当日を迎えるまでは遠足を待つ子供のようにワクワクしていたのはとっても内緒です。

 

 

 

当日は4組の家族が参加しておりました。

17:00スタート まずは 手洗い

衛生管理も怠りません。

 

 

 

豚バラブロックを切り分けて

寸胴鍋にドボン

この瞬間にほとんどのお父さんお母さんが悟ったと思います。

「このラーメン 1~2時間で出来るもんじゃねえ!」

 

だってそっから買い物だよ! もう6時だよ!

だがしかし、自分も含めてこんな体験学習に来るご両親のモチベーションは高く、文句を言う者、不満に感じる者などNobodyでございます。

店主の後ろを金魚のフン状態(他のご家族様ゴメンナサイ)

 

食材を手に取りながらいろんなことを議論していました。

 

返ってきたところでかえしの仕込み

 

みんなでたまごの殻を剥いて

 

 

食べる!(食べない‼︎‼︎)

お店で出すようなスーパーレアたまごなので子供には難しいようでした。

 

 

いつもなら〆の文章を書くぐらい長文を書いているのですが、まだまだ終わらんよー

 

スープに食材を足して

ネギ油を作って

かえしを濾して

店内がいい匂いになってきてもうすぐ出来る雰囲気になってきた時にアクシデント発生!

 

【子供たちが・・・・飽きる】

そりゃそうだ、特別に興味のない親の趣味に3時間もつき合わされたらそりゃ飽きるわな

慣れてきたお友達と鬼ごっこが始まってしまいました。

 

 

そんなこんなで21:00過ぎ、渾身の一杯が完成しました。

化学調味料不使用の本物のラーメンです。

少し顔が疲れてるのわかります?

付き合わせちゃってゴメンね!

ちなみに店内が暗いのはカウンターの照明を落としてるからなんです。

相当な人気店なので店内が明るいとお客さんが入ってきてしまうためだそうな(実際に入ってきました)

 

 

最後は店主がビールを開けた瞬間、自然と拍手と賛辞が送られていました。

何とも夢のような不思議な体験をした一日となりました。

 

今回は他の参加者の手前も有り、あえて店名は出しませんが店主の姿を見て店がわからないようであれば

業界からはモグリ(昭和)と呼ばれるのでお気を付け下さい。

 

佐々木店主、お身体に気を付けて、いつまでも子供たちが笑顔になるラーメンを作り続けてください。