お問い合わせ

神奈川県大和市・東京都町田市を中心とした一戸建て・土地・マンションなど、センチュリー21リビングスタイルの不動産物件情報サイト

リビングスタイル

リビングスタイルブログ > ブログ > 2018年7月 夏の旅行 5日目(最終日)

2018年7月 夏の旅行 5日目(最終日)

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは!

毎度おなじみ、「バニー中村」こと中村です。

 

やっと2018年のお話が完結します!!

 

もう2019年が完結しそうだというのに…。

 

それはさておき、わが社には、ラグビー南アフリカ代表のスクラムハーフ、「デクラーク」選手ににそっくりな「古川」と、

 

同じく南アフリカ代表のロック、「デヤーヘル」選手にそっくりな「光塚」が在籍しております。

 

<デクラーク選手と古川の比較>

<デヤーヘル選手と光塚の比較>

さて、五日目(最終日)のコースは、

 

つるぎ恋月(ホテル)→立山駅(立山黒部アルペンルート、スタート)→美女平

 

→弥陀ヶ原→室堂(最高地点、今回のゴール)→立山駅→富山駅→富山きときと空港

 

→羽田空港

 

という、「帰る前に、立山黒部アルペンルートを満喫しよう!!」

 

な最終日です!!

 

ちなみに、室堂から先、黒部ダムに下っていくルートがあるのですが、

 

こちらは後日、バイク部で行くことになります!

 

バイク部での「黒部ダム~室堂の旅」は、

 

2018年12月4日のデクラーク古川が書いたブログをご参照ください!!

 

※スタッフブログの一番上、右端の「記事を検索」に、「バイク部」と打ち込めば出てきます。

 

ではさっそく、行ってみましょう!!

 

2018年7月13日(金)

 

6:00   起床・朝風呂

ホテルの周りには建物がほとんどなく、

 

少し雲が出ていましたが、北アルプスを一望できる最高のロケーションです!!

 

さわやかな朝を迎えることができました!

 

7:00   朝食

例によってバイキング!

 

オープン前から並んで、出来立ての食材を取り放題です!!

 

8:30   チェックアウト

 

「つるぎ恋月」…安いホテルでしたが、食事は美味しく、眺めも良く、立山駅にも程よい距離感

 

くつろぐことができました!!

 

そして、いざ立山駅へ!!

10:00   立山駅着 立山黒部アルペンルート

ここから、立山黒部アルペンルートがスタートします!

 

立山黒部アルペンルートとは、

 

立山黒部アルペンルート(たてやまくろべアルペンルート)は、富山県中新川郡の立山駅(立山黒部貫光)と、

長野県大町市の扇沢駅(関電トンネル電気バス)とを結ぶ交通路で、総延長37.2km、世界有数の大規模な山岳観光ルートである。

1971年(昭和46年)6月1日全通。

富山県の立山駅から東に30.5km、長野県の扇沢から西に6.1kmの位置に「黒部ダム」がある」※Wikipediaより

 

まずはケーブルカーで美女平へ!

ケーブルカーはココまで!!

 

ココからはバス移動になります。

 

立山高原バスで、まずは弥陀ヶ原に向かいます!!

観光バスなので、バス前方のモニターで、リアルタイムに通過中の見どころを説明してくれます。

弥陀ヶ原(みだがはら)に到着!!

 

弥陀ヶ原で下車せず、室堂(むろどう)まで一気に行っても良かったのですが、

 

ココにある弥陀ヶ原ホテルのレストランの料理が絶品との事で下車!!

 

ところが…この時期はランチの営業はしていないとの事!!オーマイガーッッ!!!

せっかくですので、お土産コーナーを満喫!!

 

立山黒部アルペンルートで有名な野生動物といえば、「オコジョ(イタチの仲間)」と「雷鳥(らいちょう=鳥)」です!

 

買わずにはいられなくなるようなオコジョTシャツを販売していたので、相模大野店のみなさんへのお土産として購入。

 

後日、社内バーベキューの際、相模大野店の皆様には、「チーム オコジョ」として、

 

強制的にこのTシャツで参加してもらいました!!

 

12:30   雪の大谷

 

雪の大谷とは、

 

「標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯。

中でも室堂付近にある『大谷』は、吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。

この『大谷』を通る道路を除雪してできる、高さ20mにも迫る巨大な雪の壁が『雪の大谷』です」※公式HPより

 

春先に、良くニュースで見ると思いますが、コレの事です!

※公式HPより拝借

 

とはいえ、もう7月も半ば…さすがに影も形も残っては…

と、緑がキレイな景色を眺めていると…

結構近くに残雪があるなぁ…とその時!!

あっ!!

まだ基礎部分程度?は残っていたのでした!!

 

車内は大盛り上がり!!車内モニターでの説明は誰も見ていないよいうでした…。

 

13:00   室堂

 

今回の立山黒部アルペンルートのゴール(本来は長野県の扇沢がゴールですが)、

 

室堂にやって参りました!!

 

標高2,450m、乗り物で来られる最高到達点です!!

バスターミナルを階段で登っていき、

 

屋上に出るとそこは…

アルプスじゃん!!日本じゃないじゃん!!ハイジいるんじゃね?

 

という景色が広がっています!!

みくりが池は見る場所によってはハート形に見えるので、インスタ映えポイントとして有名!!

火山?

 

立山火山(たてやまかざん)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰西斜面にある活火山。富山県に属する。

なお、立山三山(富士ノ折立、大汝山、雄山)は火山ではないため、

混同を避けて弥陀ヶ原火山(みだがはらかざん)とも呼ばれる」※Wikipediaより

 

と、いうことは…

温泉が湧くのです!!

 

みくりが池温泉とは、

 

「みくりが池温泉(みくりがいけおんせん)は、富山県中新川郡立山町にある温泉。中部山岳国立公園区域内にある。標高は2,430mに位置する日本最高所の温泉宿である」※Wikipediaより

 

この日は入浴しませんでしたが、後日、バイク部合宿の際に行きました。

みくりが池をグルっと一周する形で散策していきます。

みどりが池もキレイです。

歩を進めていくうちに、立山室堂発見!!

 

そもそも室堂とは、

 

室堂(むろどう)とは、修験者が宿泊したり祈祷を行ったりする堂であり、山岳信仰や神奈備がある神体山では建立されることが多い。またはそこから派生した地名・列車愛称」※Wikipedia より

 

だそうです。

室堂のワキ辺りから急に雪深くなり、

 

上級者の登山家らしき人たちがバスターミナルとは違う方へ向かっていきます。

 

立山連峰を縦走して、剣岳に向かうのでしょうか…。

バスターミナルまで戻ってきました!!

 

お昼ご飯を食べずに1時間ほど散策したので、お腹ペコペコです!!

 

とりあえず、立ち食いそばで腹を満たしました!

バスとケーブルカーで立山駅まで戻って来ました!!

 

さぁ、長かった旅ももうすぐ終わり…最後に富山駅でも見てから空港に向かうとします!

 

16:30   富山駅

富山駅は都会です!!

 

しかも、海外で見かけそうなレンタサイクルが!!

古い路面電車が、

 

新しく豪華な駅舎を出入りする光景も、

 

不思議でしたが、面白く、記憶に残る光景でした!!

富山はが有名です。

 

協和薬品や様々な製薬会社の本社があったりします。

 

駅近くのビル1階には、製薬会社がプロデュースするカフェ、「春春堂(ちゅんちゅんどう)」があります。

 

ケロリンの風呂桶を売っていたので、思わず買っちゃいました!!

 

さぁ、5日間お世話になった(徳島→兵庫→京都→福井→石川→富山と走ってくれた!)

 

赤いエクストレイルを返却しに、日産レンタカーへGO!!!

さらば友よ!最初に出会ったときは、「赤かよ…」って思ったけど、

 

5日間、お疲れさま!!

 

18:30   富山きときと空港

「きときと」って何?

 

[形動][文][ナリ]《富山地方の方言》生きのよいさま。新鮮なさま。『きときとのブリ』」※コトバンクより

 

だそうです。つまり、「新鮮な空港」…いや、「生きのよい空港」…です!!!

 

そして離陸!!

ほんのりとリッチな気分になれるプレミアムクラスで帰ります!!

 

少し座席が広いのと、お弁当を出してくれます!!

 

早めにチケットの予約をしておけば、普通の席と弁当代くらいの違いしかありません!!

 

たった1時間のフライトなのにアホか思うかもしれませんが…。

 

20:40   羽田空港

また、遠い所に停めてくれたなオイ!!

 

と心の中で毒づきながら、バスでターミナルへ向かうバニーなのでした!!

 

次回、ついに始動!!

 

2019年7月 夏の旅行 「富山~新潟~山形~秋田」の旅

 

それではまた次回まで、ごきげんよう!!

 

「淡路島~北陸の旅」2018 夏 5日目(最終日) -完-

 

次回、「1年ぶりぶり!きときと空港!!」の巻

乞うご期待!!