お問い合わせ

神奈川県大和市・東京都町田市を中心とした一戸建て・土地・マンションなど、センチュリー21リビングスタイルの不動産物件情報サイト

リビングスタイル

リビングスタイルブログ > ブログ > 2017年7月 夏の旅行 1日目

2017年7月 夏の旅行 1日目

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

 

毎度おなじみ、「バニー中村」こと、中村です。

 

2017年7月10日(月)~7月14日(金)の5日間、

 

例のごとく、旅行に行って参りました。

 

今回の旅行は、「四国 ぐるっと まるっと 一周 の旅」でございます。

 

さて、本題に入る前に、

 

いよいよ、「R-1ぐらんぷり2018」の決勝が、3月6日(火)にあるわけですが、

 

毎年、今一つ、盛り上がりに欠けます。

 

そんな中、昨年の優勝者、「アキラ100%」は

 

全世界に通用するパフォーマンスで、一世を風靡しました。

 

しかし…今年の出場者を見る限り、

 

「『ゆりやんレトリィバァ』が優勝なのだろうか…。というか、ほかの出場者の芸風がわからん!!

 

としか言えない…。

 

昨年のM-1グランプリの優勝者を『和牛』しかありえないと豪語していた自分が恥ずかしい…。

 

もう、これ以上、お笑いの世界に踏み込むのはやめておきます

 

 

さて、話を戻しまして、今回の「四国の旅」1日目のおおまかなルートは、

 

羽田空港→松山空港(愛媛県)→JR下灘(しもなだ)駅→佐田岬→宇和島城

 

→ホテルチェックイン→「かどや」宇和島駅前本店にて夕食

 

という、愛媛の海岸線をなぞりながら南下していく感じでした。

 

いつもと同様、パンパンなスケジュールなので、

 

なるべく、「あ、ココ行ってみたい!!」と思える画像と、「シンプルなコメント」、「時々、長文

 

でお届けいたします。

 

では、「けもののような走り」で炎上してみましょ~www

 

7月10日(月)   旅行一日目

 

7:35   羽田空港 発

 

 

 

 

 

 

 

 

9:05   松山空港(愛媛県) 着

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーを借りて、いざ、下灘駅へ!!

 

先々週と先週の土曜日(2018年2月10日、2月17日)に放送していた、

 

「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」は、

 

タイミングよく、「宇和島~下灘の旅」でした。

 

この1日目の行程と全く逆から攻めてきました

 

って、「下灘駅ってなんなんだ?」と思ってらっしゃる方も多いと思いますが、

 

まずは、写真をご覧ください。

 

10:20   下灘駅 着

 


 

 

 

 

 

 

私が現地で撮影した写真です。

 

この景色に見覚えのある方はいらっしゃいませんか?

 

下灘駅(しもなだえき)は、愛媛県伊予市双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線(愛ある伊予灘線)の駅である。駅番号はS09。標高11 m[1]。観光列車・伊予灘ものがたりが運転停車する。

ホームから広い海(伊予灘)を眺めることができ、駅周辺は鉄道写真の撮影名所の一つとして鉄道ファンの間に知られている。海面を埋め立てる形で国道378号が開通するまでは[1]、ホームの下にすぐ波が打ち寄せるほど線路と海岸が近接した「日本一海に近い駅」だった。』※Wikipediaより

 

だそうです。また、

 

《ロケの舞台としての下灘駅

  • 青春18きっぷのポスターに3度採用されている。

    ポスターによく登場するアングル

    • ポスターの写真撮影の際に駅名標をひっくり返し、撮影後に元に戻したが、ポスター通りの風景を求める旅行者の声によって裏表共に駅名標が書かれたものを使用するようになった。
    • 前述のとおり窓口業務を行っていないため、青春18きっぷを購入することはできない。
  • 映画『よさこい旅行』(1969年、瀬川昌治監督)では、フランキー堺演じる主人公が勤務する架空の「土佐大原駅」として使用された。
  • 映画『男はつらいよ』シリーズの第19作『寅次郎』の冒頭シーンのロケに使われた。渥美清扮する車寅次郎がベンチで眠り、駅員の「列車がきますよ」という声に起こされる、という設定だった。
  • 財津和夫出演のロッテガムのテレビCMに登場した。
  • 2006年7月3日に放送されたテレビドラマ『HERO特別篇』で、主人公・久利生公平(木村拓哉)が任地(山口県の設定)を離れるシーンに当駅がロケで使われた。
  • 2007年8月8日のザ・ベストハウス123で「一度は降りてみたい!日本の美しい無人駅BEST3」として紹介された。順位は2位で、選者は横見浩彦。なお、同ランキングの1位は飯田線の「小和田駅」であった。
  • 2009年1月1日のNHK総合「鶴瓶の家族に乾杯お正月スペシャル」では、2008年11月17日に愛媛県伊予市を訪れた笑福亭鶴瓶とゲストの古田敦也のロケ開始待ち合わせ場所として登場した。この際、地元住民が鶴瓶らに対し、当駅がHERO特別編のロケに使われたことを紹介した。
  • 2010年8月 – 9月発売の鈴木愛理(°C-ute)の写真集「登校日」とDVD「夏休み」のロケに使われた。
  • 2016年10月21日放送のNHK総合「ドキュメント72時間『四国 海だけの小さな駅で』」において、当駅を舞台に撮影が行われた。
  • 2017年5月19日に放送されたテレビドラマ『リバース』で、主人公・深瀬和久(藤原竜也)と友人の浅見康介(玉森裕太)が、何らかの事件に巻き込まれ死亡した友人の広沢由樹(小池徹平)の過去を知るために広沢の故郷の愛媛を訪れる場面で、当駅がロケに使われた。》※Wikipediaより

 

だそうです。Wikipediaって饒舌ですね!!

 

とにかく、景色がすばらしかったのです!!

 

13:00   佐田岬 着

 

四国で一番とがった場所(地形的に)」って、どこだと思いますか?

 


 

 

 

 

 

 

ココです!!佐田岬です!!目に刺さったら痛いです!!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場に停めて、1.8kmのお散歩です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:30   宇和島城 着

 

宇和島って、歴史のある町なんですが、それを説明するには、ウィッキーさんの助けが必要です。

 

宇和島市(うわじまし)は、愛媛県の南部(南予地方)に位置する都市。南予地方の中心都市で、宇和島城を中心に発展した闘牛で有名な旧城下町でもある。』※Wikipediaより

 


 

 

 

 

 

 

「闘牛」、「宇和島城」、「鯛料理」、「じゃこ天」で有名です!!

 

まずは、宇和島城天守に向かいます。

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

有名な戦国武将、伊達政宗の長男、伊達秀宗が、

 

江戸幕府第二代将軍 秀忠 より伊予宇和島藩10万石を与えられて入城。

 

仙台の政宗から受け継がれた血が、明治4年の廃藩置県で、「宇和島県」となり、9代藩主 伊達宗敬 で終焉を迎えるまで、脈々と受け継がれてきたのであ~る!!

 

とにかく、江戸幕府の重要な拠点であったので、「みかんの国」的なイメージが全くない、宇和島なのでした。

 

ちなみに、なぜ、闘牛が盛んになったのかは、私にはわかりません!!

 

興味がないので、調べません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:30   ホテルクレメント宇和島 着

 

そんな、古い歴史を感じる街の中心、JR宇和島駅のステーションホテル、

 

『ホテルクレメント宇和島』にチェックイン!!

 


 

 

 

 

 

 

シャワーを浴びて、サッパリしてから、

 

ホテルより徒歩3分くらいの、「かどや 宇和島駅前本店」へ!!

 

『伊東に行くなら ハ・ト・ヤ」に匹敵するくらい、

 

『宇和島行くなら か・ど・や」だそうです。マストなのです!!

 

18:30   かどや宇和島駅前本店 着

 

 

 

 

 

 

 

 

店構え、メニューに心が躍ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

予約をしておいたので、個室に通され、じゃこ天やら鯛そうめんやら、ご当地グルメを堪能!!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

デザートは、「すいか」のはずが、「夏みかん的なヤツ」になっていたのには疑問を感じつつも、

 

美味しかったので、何も言わずにお会計を済ませました!!

 

このままホテルに帰って就寝。

 

ハードな1日目が終了したのでした。

 

次回、「四国の旅」二日目、

 

四万十川を下り、高知県へ。

 

龍馬をはじめ、幕末の志士を多数輩出した、「土佐の旅」が始まります。

 

胸アツな内容をご期待ください!!

 

それではまた次回まで、ごきげんよう!!

 

「四国 ぐるっと まるっと 一周 の旅」2017年 夏 一日目  -完-

 

次回、「俺の心を今一度、洗濯してほしいぜよ!!」の巻   乞うご期待!!