お問い合わせ

神奈川県大和市・東京都町田市を中心とした一戸建て・土地・マンションなど、センチュリー21リビングスタイルの不動産物件情報サイト

リビングスタイル

リビングスタイルブログ > ブログ > 2016年秋 広島・今治(とびしま海道・しまなみ海道)の旅

2016年秋 広島・今治(とびしま海道・しまなみ海道)の旅

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは!!

 

 

毎度おなじみ、「バニー中村」こと、中村です。

 

今年も7月に夏季休暇をいただいて、「四国の旅」に行ってまいりました。

 

昨年夏の旅行は前回のブログで無理矢理最終回を迎えました。

 

ただし、昨年は、9月6日(火)・9月7日(水)の二日間で、「2016年夏の旅」と「2017年夏の旅」を結びつける旅に行ってまいりました!!

 

と、言うことで今回は、

 

「秋の補足旅 広島・愛媛 二日間の旅」

 

をお送りします。

 

その前に、先日放送されました、「24時間テレビ」はご覧になりましたか?

 

ランナーの発表までじらしまくっていた訳ですが、

 

ブルゾンちえみ

 

というのは、うまい選択であったと思います。

 

ただ、以下の二点を反省点として日本テレビは来年以降(マラソンを続けるかわかりませんが)に生かしていただきたいと思います。

 

①ブルゾンは、あれだけ走っているのに、休憩所に入る直前でもメイクが落ちない(もっと前から走ることを知っていて、「入れ墨メイク」にしたのではないかとすら感じる)。

 

②「with B」が感動や勇気を与える言動や行動を全くしない(彼らにだけは、もっと早く、「ブルゾンが走る」ことを告げておき、「号泣しているようにしか見えないウソ泣き」の練習をさせておくべきではなかったか)。

 

いずれにしても、ブルゾンちえみがここまで走れるとは思いませんでした。

 

感動をありがとうございます。

 

 

 

さて、話を戻しまして、昨年の秋の旅行のおおまかなルートは、

 

9月6日(火)広島空港→竹原→江田島→「とびしま海道」→大崎下島

 

9月7日(水)大崎下島→「フェリー」→今治→「しまなみ海道」→尾道

 

という、瀬戸内海の島々と、アニメ「たまゆら」の聖地巡礼の旅でした。

 

「たまゆら」というアニメは、広島の風景や歴史、そこに住む方々の暮らしをしっかり描写しながら、

 

高校生たちの成長を描く作品で、OVA→テレビ2期→劇場版4回で感動のラストを迎えました。

 

内容もさることながら、「聖地巡礼のためにあるアニメ」と言っても過言ではないくらい、名所旧跡が出てくるので、旅人、「バニー中村」としては一度は行ってみたい場所でした。

 

いつもと同様、2日間のパンパンなスケジュールを強行したので、

 

なるべく、「画像」と、「シンプルなコメント」でお届けいたします。

 

9月6日(火)   旅行一日目

 

さっそく行ってみよ~っ!!

 

7:00   羽田空港 離陸

 

 

 

 

 

8:20   広島空港 着

 

 

広島県竹原市 着

 

 

JR呉線「竹原駅」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中、「たまゆら」の文字ばかり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、竹原は、「マッサン」ことニッカウヰスキーの創業者

 

竹鶴 政孝

 

の生まれた街なのです。

 

でも、「マッサン」よりも、「たまゆら」を売りにする方が「ヲタクマネー」で潤うようです。

 

※竹原は、1983年に上映された、「時をかける少女」の舞台でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「竹原」という地名だけあって、竹(タケノコや竹細工)が特産品です。街にも、それにまつわるものがちらほら!!

 

 

竹原は、幕末の尊王攘夷運動に影響を与えた歴史家・思想家である、

 

頼山陽(らい さんよう)の出身地のようです。

 

 

 

 

 

 

「日の丸写真館」を曲がると、

 

「町並み保存地区」(重要伝統的建造物群保存地区)に入っていきます。

 

まず目指すは…

 

 

 

ここが、「マッサン」の生家、

 

竹鶴酒造です!!

 

街並み保存地区のど真ん中にあります。

 

 

 

 

でも、やっぱり「たまゆら」推しの方が集客できるみたいです…

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、有名な場所がたくさん出てきますが、説明していると終わらないので、とりあえず写真を貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは書かねば…

 

マッサンとその奥様リタの像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹原市役所も、「たまゆら」推し!!

 

 

 

一旦、竹原を離れまして、一路、江田島(えたじま)へ。

 

 

 

 

 

 

江田島で有名なランチスポットへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、いよいよ、「旧海軍兵学校」(東京大学を滑り止めにするくらい、当時の優秀な学生が目指す学校のトップに君臨していたそうです)のあった、

 

海上自衛隊の第一術科学校、及び、幹部候補生学校へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史のある建造物の中から、海上自衛隊の幹部候補生らしき制服をきた方々が…

 

 

 

幹部候補生の方々は、いまだに、成績優秀なだけでなく、ずば抜けた体力がないと生き残れないそうです。

 

 

さて、一旦、呉に抜けて、「とびしま海道」で島々を渡り、本日のお宿、大崎下島御手洗(みたらい)にある「脇坂屋」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月7日(水)   二日目

 

 

まずは、朝食前に軽く御手洗を散歩!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御手洗は昔から、瀬戸内海を船で移動する人たちが、強風の時などに立ち寄って休む港として栄えたようです。

 

 

坂本龍馬も立ち寄ったことのある所であり、これまたアニメ(劇場用)「ももへの手紙」の舞台です。さらに、またもや、「たまゆら」の聖地でもあります。

 

 

とりあえず、朝ご飯!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が泊まった、「脇坂屋」は、「アナゴめし」でも有名で、出川哲郎氏が、かの「電動バイクの旅」で立ち寄って、「アナゴめし」を食しています。

 

 

 

 

さて、チェックアウトして、更なる、「御手洗散策」に出かけるとします。

 

御手洗も、重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、趣のある街並みを楽しむことができます。

 

また、先ほども少し触れましたが、江戸時代は帆船が海運の中心でしたので、暴風雨を避け順風を待つ「風待ちの港」上げ潮や下げ潮を待つ「潮待ちの港」として御手洗は栄えました。

 

とゆうことは、「夜のお遊び」も付きものでして、「花街」も発展していきました。

 

御手洗の民は、遊女(おいらん)やさしい町だったようで、後程、「おいらん公園」の碑の写真が出てきますが、その目の前には、瀬戸内海を眺望するように、遊女たちのお墓がきれいに整備されています。

 

あともう一つ。御手洗(みたらい)という名前は、菅原道真がこの地に立ち寄り、手を洗ったかららしいです。

 

 

 

 

この時計屋さん、世界各地から修理の依頼の来る有名なお店です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン畑が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェリーで、いざ、今治(愛媛県)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今治に到着!!

 

今治城→焼豚玉子飯のお店→「しまなみ海道」→大三島で、「大山祇神社」立ち寄り→「しまなみ海道」→尾道

 

まで、ノンストップで行きます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の夏月9「好きな人がいること」の尾道回で出てきた所がいっぱいです。

 

下の木のトンネルを桐谷美玲と山﨑賢人がくぐってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に尾道まで来ました!!

 

さらに、羽田帰還まで一気に参ります。

 

千光寺山→下山→尾道ラーメン→再度、竹原→帰宅の途へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらば竹原…

 

 

 

 

20:25   羽田に到着です!!

 

広島・今治の旅、いかがだったでしょうか。

 

次回は、今年の夏季休暇旅行、「四国の旅」1日目をお送りする予定です。

 

恐らく、当社のブログ史上、このブログが最も長いブログになったことでしょう。

 

自己満足ばんざい\(^o^)/

 

それではまた次回まで、さようなら!!

 

2016年 秋 広島・今治 2日間の旅   -完-

 

次回、「また愛媛県からかよ!!」の巻   乞うご期待!!